7月2012

『 吸玉体験記 』

ブログ

                                            『 吸玉体験記 』

東区 45歳  Qさん

  仕事が忙しく肩と腰の痛みを始め、全身の疲労が酷いので、友人に紹介され中国針灸院の史先生の吸玉を体験しました。私は過去に吸玉を経験したことがありました、ですが今回の史先生の吸玉は今までとは効果や感じ方が全く違っていたのでした。身体のすっきり感というのでしょうか、体の巡りがよくなったようです。

  始め、先生が吸玉を背中にポンポンと素早く付けてくれるのですが、これが痛いのです。思わず「ああ痛い、痛いよ」と呻いてしまいました。今冷静に思うと、痛いというか実際は吸い口の強さに身体がびっくりしたのでしょうか。とにかく痛かったのでした。

  始めに感じた痛みが徐々に緩和されてきたようです。肩と腰がまだ痛むのですが、その他の部分は痛みが感じられなくなりました。先生に何故この二か所がこんなに痛むのかを尋ねたところ、「気の廻りが悪いところだよ」、と教えてくれたのです。そういえば私はこの2か所がヘルニアなのです、吸玉はそれを察知して信号を出してくれているのでしょうか、ちょっと感動しました。

  暫くして吸玉から体に何かがにしみ込んでしてきているようです。悪いものを吸い取り、代わりに良いものを送り込んでいるのでしょうか。

  徐々にほんわかして気持ちが良くなってきています。先程感じた身体へのしみ込みの次は何かが巡る感じとなってきました。この頃には肩と腰の痛みは消えて心地よさ一杯で、眠たくなりました。

  最後に、先生が吸玉をポンポンと外します、この時も気持ちが良いでした。吸玉した後に「温かさ」を感じ、大きく身体を伸ばしてみると、何と全身の血行がよくなっているのです。重だるさがなくなり、眼の見え方が明るくはっきりとしています。そして皮膚もつややかになったみたいです。

  帰宅後、鏡で背中を確認したところ、やはり肩と腰は赤黒くなっていました。まさに私のヘルニアのところでした。吸玉は賢いと感服してしまいました。

  今日で5日目ですが、まだ背中は肩と腰が赤く痕が残っています、その他は黄色くなってきています。この背中を見る度、中国古来の吸玉治療だけで、病(やまい)を治せるということに、不思議な驚きを感じ、先生の吸玉の気持ち良さを思い出しています。

    史先生本当にありがとうございました。

                               

 

HOME

ブログ

HOME

中国針灸について

ブログ

中国針灸について

史 青山 院長プロフィール

ブログ

プロフィール

« 古い記事