3月2013

君子蘭(クンシラン)

ブログ

                                          

            

 

22年目の君子蘭が咲きました

  君子蘭の花言葉は、「気高さ」、「端正」、「高貴」、「幸せを呼ぶ」「夢が叶う」、「望みを得る」、とあるようで、名実ともにきれいなお花です。

  中国針灸院の22年前から育てていった君子蘭はいつもより早い2月下旬に花芽が上がって、3月の初に花が咲きました。しかも今年は、珍しい5つの君子蘭の鉢は一鉢に一株元の中心から2本の太い花茎を35~50センチに伸ばし、二つ茎の蕾は大きくて、花が朱橙と黄色で32個も炎のように咲かせました。

 

とても鮮やかな美しい色で大きくて、高貴、豪華な感じの花です。

 

今年の北海道は寒くて大雪も往年より多くて、君子蘭も早く満開です。

今年の各地で桜も早く満開を迎えているさいちゅうです。

中国では、「瑞雪兆豊年」という諺があります。降雪は来る年が吉祥、豊年の予兆という意味。

 確かに、総選挙の直後から、円安・株高による景気回復ムードの高まりにより、景気回復の兆し、商売繁盛が見うるそうです。

 針灸院の君子蘭の花は毎年に一か月も持続して咲き続けます。今年も花言葉のようにきっと希望、幸せ、夢が叶うに満ち溢れる一年になるだろうと期待しています。

 2013年3月25日

                                                                                                                              細雨