5月2013

『開院22周年感想』

ブログ

                                   光     陰

                    光陰似飛箭,瞬間二二年。

                    浮生恍若夢,彈指一揮間。

                    鍼灸歴史遠,博大精深傳。

                    銀鍼除百病,神奇效應顯。

                                                                          綠水題

                                                                       巳年五月

     

                                         

光陰如箭 日月如梭お陰さまで中国針灸院は平成25年5月で開院22周年を迎えることができました。振り返ってみると、22間年は、本当にほんの数年、数日のようにも感じられ、不思議な思いで一杯です。

  22年間の針灸を生業として、数多くの患者の皆様の苦痛を解消できたことに、誇りを感じております。この間、皆様から多大のご信頼、ご支援を頂き、言葉では言い表せないほど感謝いたしております。

  中国の諺に【博大精深】という言葉があります。【博大精深】とは、“思想や学問が幅広く奥深い”という意味です。針灸医学は【博大精深】であり、一生学んでも針灸の医理をすべて分かることは困難だと思っています。また、中国では【活到老,学到老】と言う諺もあります。【活到老,学到老】とは“人生を終えるまで、学び続ける”という意味です。針灸医学は博大精深のため、【活到老学到老】が必然的です。

  今後とも、この【活到老学到老】という名言を座右の銘として努力し、皆様の健康の増進、疾病の予防、苦痛の改善、解消が出来るように、長年の臨床経験と知識を十分に生かして、地域の皆さまに信頼される、精一杯の治療を行っていくように、誠心誠意努めて、【活到老,学到老』の精神で針灸を切磋琢磨して参りますのでよろしくお願いします。